妊婦検診の付き添い

スポンサーリンク

妊婦検診の付き添いをした

アフリカの婦人で、一年前に夫の仕事で日本に来た

5回目の妊娠

主治医は

「すべて順調です。日本では一人か二人しか産まないのに5回目の妊娠は

素晴らしい。私たちも一生懸命お手伝いします」

とても、丁寧で優しい主治医だ。

「よろしくお願いします」彼女も日本語で応えた

前の週の日曜日に自宅に招待された

4人の子どもたち(2歳から11歳)が出迎えてくれた

子どもたち同志で面倒を見あっている

お母さんは、ゆったりとしている

アフリカのお母さんは、苦も無く子育てをしているように見える

お母さんたちのどっしりとした余裕はどこから来るのかといつも思う

子どもが何人いても子育てを苦にしていないようだ

大きな体のお母さんがソファにどっしりと構えているだけ。

追記

 中央アフリカ共和国でも子どもの数は減少しつつある。子どもは4―5人という人が多い。それは、食費や教育費が高いという経済的理由である。子育ては、大家族の中や隣近所で行っているので母親にかかる負担は日本に比べると軽いことは言うまでもない。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました