思い出の品々

アフリカのお話
スポンサーリンク

台風19号による浸水で使えなくなった家財道具の処分

その映像を見ていると

思い出の品々を廃棄処分せねばならない気持ちを思うと

痛々しい

心労や過労で倒れないで下さいと祈るだけだ

私は

内戦で略奪されたときのことを思い出した

政情が不穏だったので、私は帰国した

その一週間後にクーデターが発生

混乱に便乗した住民が略奪に走った

宿舎は、略奪され何も残らなかった

洗面台、便座まで持ってゆかれた

私の生活基盤は、アフリカにあった

10年間の生活で、荷物も多かった

現地に戻り、茫然とする私に友人が言った

「荷物は、持っている人から、持っていない人に移動しただけよ」

その言葉に私は救われた

荷物は、無駄になっていない

誰かが使ってくれていると思うと怒りはなかった

テーブル・椅子・ベッドなど、誰かが大切に使ってくれているだろ

今もそう思っている

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました