日記 2019年11月13日水曜日

アフリカ滞在日記
スポンサーリンク

マイケルとリズは、職員たちと焼却炉を作るための材料購入に駆け回った。 洋裁師のセレスタンとリズが、新しいポーチ作りの打ち合わせ。アフリカの布と久留米絣を組み合わせる試みだ。完成品が楽しみ。

街の中心部の露店には、スイカ、パパイア、グレープフルーツ、オレンジが山となって並んでいる。野菜は、ナス、インゲン、ニンジン、キャベツ、ピーマン、玉ねぎ、ジャガイモなど豊富な野菜が並んでいる。これらの野菜や果物は、外国人向けに売られているが、街中で外国人らしき人をほとんど見かけない。PKOの外国人兵士たちは、ピックアップ車に乗って街を巡回している。見慣れた光景だ。PKOがいるから治安が護られている、彼らがいるから平和が戻って来ない、と周りの人々の意見は二分されている。 自分の国は、自分たちが護るこれが彼らの願いである。私も願いが叶って欲しいと思う。

夕立が来て少し涼しくなった。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカ滞在日記
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました