日記 2019年11月15日金曜日

アフリカ滞在日記
スポンサーリンク

 焼却炉の工事は、休みなく続いている。8時から13時半頃まで休憩をとることもなく 彼らはレンガを積んでゆく。灼熱の太陽が照りつける。気温は32〜33度程度だろう。カラッとして蒸し暑さは感じない。彼らの働きには感心する。彼らに付き合って炎天下にいるマイケルも凄い。

午後、ウバンギ川(コンゴ民と中央アフリカ共和国の国境となっている大河)を見に行った。10月末の大雨では、氾濫し河川の村は浸水した。元職員のSの家は水没、Mの家は浸水しなかなか水が引かず引っ越した。今日見た、ウバンギ川は、過去見たことがないほど増水しており、水は道路近くまで迫っている。川と言うより湖のように大きく見えた。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカ滞在日記
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました