日記 2019年11月19日火曜日

アフリカ滞在日記
スポンサーリンク

 昨夜は、蒸し暑く目が覚めた。雨が降りそうで降らない。一週間、雨が降らない。埃が舞い、周りでは咳をしている人たちがいる。 J医師からエイズ患者の動向について話を聞いた。今年の1月から今日まで、7名のエイズ患者さんが亡くなった。ARV(抗レトロウイルス剤)を毎日きちんと内服せず症状を悪化させ打つ手がなかったというのが死因である。

 45歳の男性は、ARVの内服を拒否して亡くなった。彼は家族から放棄されており、生きる意欲がなかった。ARVは無料であるが病院への交通費や検査料金さらに食費など一人のエイズ患者を抱えると家族は大きな出費となる。家族は経済的負担に耐え切れず患者を放棄する例は見てきたが、家族は赤貧に喘いでおり、彼らを責めることはできない。症状が軽いうちに診察に来てくれれば、私たちも支援ができるが、重症化してからでは打つ手がない。

  25歳の女性は、貧困のために亡くなった。家族は彼女を救うために頑張ったが、入院して治療を受けることはできなかった。J医師からこのような話を聞くと胸が痛む。 ARVを毎日飲んでくれれば、死亡にいたることはまずないが、なぜ中断したかの理由を知る必要がある。エイズ患者さんの個別対応の必要性を痛感した日であった。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカ滞在日記
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました