帰国しました

アフリカのお話
スポンサーリンク

昨日(11月27日、水曜日)帰国しました。

中央アフリカ共和国は、治安上の理由で夜間飛行ができないので、25日17時に首都バンギを発ち隣国カメルーンの首都ヤウンデへ移動。約5時間のトランジット後23時パリへ向けて離陸。26日朝5時半にパリ着。パリで約10時間のトランジットで16時発羽田行きに搭乗し帰国しました。36時間の旅でした。

2週間の滞在中、治安の問題はありませんでしたが、毎日宿泊している修道院と診療所約15分の往復で、外出は必要最低限にしています。内戦後は、治安には最新の注意を払いこのようにして活動を続けています。

街中のパン屋に行くと、カラシニコフを肩にかけた兵隊がパンを買いに来る。スーパーマーケットに行くと、拳銃を腰に差したフランス兵たちが買い物している。街は、PKOの兵隊、フランス軍、国軍、装甲車が日常生活の中にある。この光景はいつまで続くのだろうか。

週末、祝日以外は、ブログを書きます。よろしくお願いいたします。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました