HIV感染者の結婚

アフリカのお話
スポンサーリンク

HIV感染者のジャンが私を引き留めて言った

「マダム、結婚したいと思っています」

「見つかったの」

「まだです」

「女性に感染させないように予防することは分かっているよね」

「僕は、昨年から血中のHIVが検出できなくなったから、結婚を考え始めたのです」

「今もずーっとそうかなあ」

私は、疑い深い

「毎日、きちんと薬を飲んでいます」

「良い人が見つかったら紹介してね」

ジャンは、笑顔で去って行った

こんな時期が来たのだ

科学の進歩のお陰だ

夫婦間、恋人同士間でねずみ講のように感染拡大したHIV

私たちが、目指しているのは「血中のHIV検出不可能」

私の周りの女性たちも「検出不可能」だと報告をもらうようになった

感染者全員がそうなるように頑張ろう

昨夕、ペシャワール会の中村哲医師が襲撃され亡くなられたことを速報で知りました。

私は、強い衝撃を受けました。中村先生の偉業を称え、ご冥福をお祈りいたします。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました