幸せな顔

アフリカのお話
スポンサーリンク

毎日、食べることができる

一日一食、しっかり食べることができればいい

安心して眠る場所があればいい

これが幸せだ

子どもたちは、健やかに成長する権利を持っている

しかし、貧しい国々では

一日一食も満足に食べられない人たちが何と多いことか

栄養失調児センターでは週2回給食を提供している

子どもたちの栄養状態がなかなか改善しない

テレーズの双子は3歳だがまだ歩けない

子どもたちは、週2回は腹いっぱい食べるが

週5回は、何を食べているかと疑問が湧く

テレーズに聞くと

「食べ物はどこにあるの」

逆に質問され、返事に窮する

せめて一日一食

子どもが、一心不乱に食べている顔

これが、幸せな顔だと思って眺める

毎日一回、子どもたちの幸せな顔が見られるといい

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました