オデットが戻ってきた

アフリカのお話
スポンサーリンク

「オデットが戻ってきました」

シスターが、写真を送ってきた

オデットは、9カ月の女の児

彼女が、2か月の時母親がエイズで亡くなった

おばさんが、大切に育てている

彼女は重度の栄養失調児だ

目がくるくるして利発そうな顔をしている

「たくさん食べるのよ」

話しかけると解っているように私を見つめる

オデットのために粉ミルクを準備した

3日後、オデットは、ぐったりして診療所に来た

すぐに、小児病院に搬送した

3週間後、目がくるくるしたオデットが戻ってきた

シスターが、大喜びをしている

粉ミルクを飲んで元気になって欲しい

母親を亡くした乳児の育児はしばしば困難がつきまとう

母乳の問題だけではない

乳児が母親が亡くなったことを感じ

乳児も精神的に苦しんでいるような気がする

1歳になったジョン君は、6カ月の時母親をエイズで亡くした

父親が、ジョン君を前抱っこしてセンターにやってくる

ジョン君は、栄養失調児ではないが、センターで見守っている

ジョン君は、コロコロ太り

お父さんにまとわりついてよく笑い、よく食べる

本当のお父さん、お母さんの存在の大きさに気づかされる

時がある。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました