カラフルな切手

アフリカのお話
スポンサーリンク

 私たちは、20年ほど前から使用済み切手を集めている。

メールの普及により切手の量は激減したが、今でも毎月10キロほど全国から届く。

「これをどうするのですか」としばしば聞かれる。「1キロ700円でスタンプ屋さんが買い取ってくださいます」これが答えだ。ボランティアの人々が多かった頃は、切手の周りを0.5ミリ程度に切りそろえていたが、今は、手が回らずそのままスタンプ屋さんに送っている。

 未使用の切手もいただく。5円、10円、15円、20円、41円の切手などの古い切手が届く。子どもの頃に目にした切手で懐かしい。今日、ボランティアの方々が、これらの切手を組み合わせて封筒に84円分の切手を貼ってくださった。5-6枚の切手が貼られて封筒は、カラフルで楽しい。2月にこの封筒で会報を受け取られる支援者もカラフルな切手が並んだ封筒を見て喜んでくださることだろう。書き損じハガキは、5円の手数料を払い、切手に交換し、会報発送に使っている。

切手やハガキを送っていただいている皆さんに心より感謝いたします。今年もよろしくお願いいたします。

***

アフリカ友の会サポーター

AVEC AFRIQUE

オンラインショップの運営やnote配信などアフリカ友の会広報を行なっています。

アフリカのお話
スポンサーリンク
シェアする
mizukoをフォローする
アフリカ・フランソワーズの部屋

コメント

タイトルとURLをコピーしました